Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bt.blog4.fc2.com/tb.php/486-c2c7ec82

トラックバック

長野 木曽駒ヶ岳へ。2日目/2

時計を見ると4時過ぎ、部屋の外がわさわさ騒がしい。皆日の出を見にいくようだ。

R0015425.jpg
薄いダウンの上着を着て外に出ると、空はうっすら来ている。こんな景色は久しぶりだなぁ。
しばらく待っていると、だんだんと赤み味が増して来た。

おばちゃん連中もみんな写真を撮っている。
宝剣山荘のすぐ横から見える天狗岩も昨日とは打って変わり、くっきりと輪郭が見える。今日は天気に恵まれそうだ。
良かった。

R0015420.jpg

昨日にはない景色がひろがっているもんだから、山荘のまわりで何枚も写真を撮ってしまう。
そんな事をしているうちに朝食の時間となった。

食堂が使われているうちに荷物整理をして、布団をたたむ。そして食堂に移り自炊組の出番。
とはいっても自炊しているのは我々のほか一組だけだった。

IMG_4295a.jpg

朝食は簡単にハムチーズサンド、ミネストローネ、バームクーヘン、コーヒーとなった。家の奥さんは胃が小さく、すぐにお腹一杯になってしまうので、量が難しい。水は宿泊者に耐捨ては無料で使用が許されている。一応水筒に入れていいのは1人2リットルのようだ。

IMG_4296.jpg

のんびり食べていたら、宿泊者はほとんど出発し、我々だけが掃除も始まる中、7時前の遅い出発となった。
お世話になりました。

外は見事な晴天。日差しが痛いぐらいだ。駒ヶ岳へは、宝剣山荘から中岳を経由して向かう。一旦中岳山頂を目指す。この先の山荘に泊まっていたのか、おっさんの集団とすれ違う。みんなすごく楽しそう。標識のところで立ち止まり、あーじゃない、こーじゃないとずっとしゃべっている。

IMG_4301.jpg

R0015439a.jpg

ほどなく中岳山頂。2931m
さらに景色は雲の上と言った感じ。

R0015491.jpg

R0015446.jpg

来た道を顧みると宝剣山荘が既に小さく見える。奥にある青い屋根が泊まった山荘で、その先にあるとんがっているのが宝剣岳。反対側これから上る駒ヶ岳の方を見ると谷部に頂上山荘、テント場が見える。一旦降りて登るのが一望できる。ジャンプしてあの山頂に行きたい。

R0015450.jpg

せっかく稼いだ高度を下りゆっくりと駒ヶ岳を目指す。だいぶ高度に慣れたのか、昨日より息苦しさはない。
のぼりにさしかかったところで、昨日部屋が同じだった親子連れとすれ違った。下の小が幼稚園生ぐらいか、一所懸命に下っている。お姉ちゃんが山頂に猿がいるよと教えてくれた。お父さん大変だなぁ、などと思いつつ再び上り始めた。

7:45駒ヶ岳山頂到着。(2956m)

R0015462a.jpg

R0015464.jpg


富士山も見え、見事な景色だ。ロープウェーの駅からはここまで2時間でこられるのを考えると、かなり、お手軽でダイナミックなコースであると思う。絶対に行くべきです。

R0015448.jpg

記念撮影し終わり、朝湧かしておいたお湯でコーヒーを飲んで一服する。
山頂には数人しかおらず、風邪の音しかしない。しかし、虫はすごい。止まるとすぐに虫がたかってくるのでうっとうしい。虫除けを携帯する事をおすすめします。

30分ほど堪能し、来た道を戻る。下った谷の所から、中岳の巻き道がある。中岳山頂を避けた迂回ルートは一応危険箇所とされており、ちょっとビビっていたんだけど、なぜか嫁は自信ありげで時間もあるし、行けるところまで行く事にした。

IMG_4347.jpg

先を見るとこんな感じで、なんとか行けそうだ。この道の先は2カ所ぐらい鎖場もあったけど、宝剣岳を登れた後なら問題ないかも。でも冬は無理そう。

IMG_4349.jpg

少々のスリルと引き換えに山荘までは楽に戻れた。
預けておいた荷物を山荘で詰め替えて再び山荘を後にした。
乗越浄土には今日の登り組でにぎわっている。まだまだ時間があったので、ここから見える前岳方面に少し登ってみる事にした。

IMG_4375.jpg

稜線がはっきり見える道は、いかにも見晴らしが良さそうだ。すぐ戻るつもりで、荷物は分岐の岩においておいた。

R0015495.jpg

しばらく登ると千畳敷カールの全体を見渡せる用になる。駒ヶ岳とはまた違った開けた景色はすばらしい。
ロープウェーのある建物が小さく見え、周りの登山道もはっきり見える。これから八丁坂を登ってくる人たち、こっちにも来た方がいいよと念を送る。しかし、こちらに登ってくる人は全くいない。もったいない。

R0015496.jpg

適当なところで、引き返し、八丁坂を下る。
丁度登ってくる時間帯らしく、ちょっと渋滞状態。今日の日差しの強さで登るのはさぞかしつらいだろう。
下ってすぐにひーひー言っているおっちゃんに、
「がんばれー、後少し」と声をかけると。大きな声で「ああー、ありがとー」と喜んでくれた。

R0015506.jpg

下るのはあっという間です。振り返るとさっき登った稜線がはっきり見える。

R0015512.jpg

黄色い花がある景色と緑と青はまるでスイスの景色。ここは信州のスイスなのだ。バスの音声ガイドでも言っていた。
R0015509.jpg

R0015513.jpg

駅には11時に到着。これにて山は終了だ。
最後に持ち込んでいたカップラーメンと売店の生ビールの最強タッグで昼休み。思いの他売店の生ビールがキンキンに冷えていてうまかった。(550円)

今日の人出だとロープウェーが混雑するというので、早めに並んで乗り込んだ。

IMG_4408.jpg

丁度バスにも乗れ、バスセンター近くのこまくさの湯で温泉につかる。
広々としていて、気持ちがいい。(600円)風呂上がりに本日2回目のビール。

そして、直売所で土産を買い込み、近くにあった地ビール所で本日3回目のビール。(600円)
IMG_4419.jpg

仕上げに明治亭でソースカツ丼。ボーリュームあり過ぎ。(1180円)
IMG_4432.jpg

17:50発の高速バスにのり、21:15新宿着。新宿ムシアツ。

お手軽中央アルプスの旅は終了。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bt.blog4.fc2.com/tb.php/486-c2c7ec82

トラックバック

Appendix

プロフィール

IP

  • Author:IP
  • FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。